ブログ

ブログ詳細

肩こりから五十肩に


肩こりがひどくなると、頚・肩・腕の順番で筋肉が緊張して凝り固まってしまい、腕をあげるときに、腕の付け根のところに痛みが出たり、腕を後ろに回せなくなったりします。

 

 

五十肩の正式名は、肩関節周囲炎といい、痛いと言って動かさなければ、関節の可動域が狭くなりだんだんと動かなくなってしまいますので、なるべく、動かせる範囲で、関節を動かしてあげることで、肩関節の可動域を確保しましょう。

 

 

痛みがで出だすと、直るまでに長い人で2年位期間がかかる人がいますので、酷くならない様にお気をつけ下さい。

 

 

このようなケースの場合、頸・肩・腕を重点的に揉みほぐし、痛みの軽減を目的とした施術を施していきます。

 

 

仕事でパソコンを使う人や、手先を良く使う仕事の方などに多く見られるような気がします。

 

 

 

そのようにならない為にも、普段からのメンテナンスで全身をもみほぐし、血行を良くし、リンパの流れを良くしてあげることで、痛みの軽減につなげます。

 

 

人間、疲れは蓄積していくものです。
疲れ過ぎて身体が悲鳴をあげていませんか?

 

 

ぜひ、身体のメンテナンスは

 

 

手もみ処すっきりへお任せください!!

 

 

60分以上のコースをご予約頂いたお客様必見!!
「ホームページを見た」とお伝え頂ければ10分延長無料!!

手もみ処 すっきり
黒髪店
TEL 096-343-3337

大江店
TEL 096-375-0086
営業時間 11:00~20:00

ホームページはこちらからどうぞ
http://temomi-sukkiri.jp/
  • facebook
  • twitter